平成31年3月1日-処分事例①

■被処分者の氏名又は法人名称
越智康之

■登録番号又は法人番号
第07391026号

■所属する単位会
愛媛県行政書士会

■事務所名称
行政書士越智法務事務所

■事務所所在地
愛媛県松山市畑寺3丁目14-40

■処分年月日
平成31年3月1日

■処分内容(種類)
廃業の勧告(会員の権利の停止を含む。)

■上記処分をした理由
①行政書士法第9条違反(帳簿の備付及び保存)、②行政書士法施行規則第10条違反(領収書)、③本会補助者規則第6条違反(会員の責務)、④本会補助者規則第3条2項違反(補助者の設置・補助義務)⑤本会会則施行規則第7条違反(行政書士変更登録申請書)及び⑥本会補助者規則第11条違反(補助者証の有効期間及び更新)
(1)業務に関する帳簿を2年間保存しなかった。(行政書士法第9条)
(2)領収書の副本を5年間保存しなかった。(行政書士法施行規則第10条)
(3)業務件数の把握すらしておらず、補助者に対する指揮命令及び監督を怠り、業務を補助者任せにした。(本会補助者規則第6条)
(4)業務を会員の事務所ではなく、補助者の自宅にて行わせた。(本会補助者規則第3条2項)
(5)事務所所在地変更手続を長期間(約6箇月)行わなかった。(本会会則施行規則第7条)
(6)補助者設置更新手続を長期(約3年間)にわたって行わなかった。(本会補助者規則第11条)
よって、行政書士法第13条、愛媛県行政書士会会則第48条の4第1項に違反

■上記処分の根拠となった法令及び会則の条文
行政書士法第13条
 行政書士は、その所属する行政書士会及び日本行政書士会連合会の会則を守らなければならない。
愛媛県行政書士会会則第19条
 個人会員に対する処分は、次のとおりとする。
(1)省略
(2)省略
(3)廃業の勧告(会員の権利の停止を含む。)
 2 省略
愛媛県行政書士会会則第48条の4
 会員は、法及び法に基づく命令並びに連合会の会則、本会の会則及び規則等を遵守しなければならない。
 2 省略